新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団

New Japan BGM Philharmonic Orchestra

新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団とは

楽団成立経緯

2011年、指揮者の市原雄亮の発案と呼びかけで日本初のゲーム音楽を主体に演奏するプロオーケストラ「一般社団法人日本BGMフィルハーモニー管弦楽団」が発足。それから約2年後、諸事情により解散となる。その後、市原を中心として、日本BGMフィル立ち上げ当初の理念を実現すべく、代表、事務局、奏者が再度集い、ゲーム音楽を主体として演奏するオーケストラとして新たに出発いたしました。日本初のゲーム音楽プロオーケストラであり、2016年現在、固定された団員を擁するゲーム音楽プロオーケストラとしては、日本で唯一の存在となっています。メンバーはいずれも、実際のゲーム音楽のレコーディングへ参加するなど、クラシック以外の演奏活動にも力を入れているプロ奏者で構成されています。

活動について

管弦楽団ではありますが、オーケストラ公演を目標としつつも、アンサンブルの質の向上などを目標に、室内楽規模のコンサートを基調としていきます。また有料コンサートだけではなく、無料イベントへの出演、学校をはじめとする施設訪問といった活動も積極的に行ってまいります。特に、未来を担う子供たちに対し、音楽に触れ、親しんでいただくためのきっかけとして、我々が演奏するゲーム音楽等を聴いていただければ最高だと思っております。

演奏楽曲について

ゲーム音楽はすでに約30年の歴史があり、その間に膨大な数の音楽が作られてきました。その中でも、多くの人が耳にしたことがある人気楽曲はもちろんのこと、ゲーム自体の知名度が高くないため、知る人ぞ知る存在となっている名曲たちにも積極的にスポットを当てていきます。また、ゲーム音楽を主体に演奏しますが、クラシックやアニメ、映画音楽など、ジャンルに関わらず「いい音楽」であれば積極的に取り入れていきたいと考えています。過去に演奏した楽曲の一覧につきましては、上記メニュー"Music List"をご覧ください。

年表

  • 2012年7月 代表の市原が日本初のゲーム音楽プロオーケストラ"日本BGMフィルハーモニー管弦楽団"を立上げ
  • 2013年10月 日本BGMフィルハーモニー管弦楽団初のオーケストラ公演を開催
  • 2014年3月 第2回公演中に突如日本BGMフィルハーモニー管弦楽団解散が発表される
  • 2014年7月 代表、事務局、奏者を引き継ぎ"新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団"として再結成
  • 2015年4月 ホールコンサート"NJBP Live! #1"を開催。ゲストは下村陽子氏。
  • 2015年7月 NJBP Live! #2を開催。任天堂楽曲を多数演奏。ゲストは岩垂徳行氏。
  • 2015年11月 NJBP Live! #3を開催。初の2日連続公演。ゲストは光田康典氏。
  • 2016年1月 内閣府 復興庁主催の映画"未来のカケラ"劇中BGMを担当。
  • 2016年2月 NJBP Live! #4を開催。前半はサンソフト特集。ゲストは古代祐三氏。
  • 2016年6月 NJBP Live! #5を開催。前半はコーエーテクモ特集。ゲストは菊田裕樹氏。
  • 2016年10月 NJBP Live! #6を開催。初の2週連続公演。ゲストは時田貴司氏。
  • 2016年12月 "消滅都市"公式コンサートの管弦楽を担当。

活動内容

活動種類

  • コンサート自主公演
  • イベントなど依頼演奏
  • 施設訪問
  • 各種レコーディング

演奏楽曲

  • ゲーム音楽
  • アニメ音楽
  • 映画音楽
  • クラシック
  • ほか

演奏形態

  • ソロ
  • アンサンブル
  • 小規模室内楽
  • など

演奏のご依頼、見積もり

演奏のご依頼、お問い合わせはこちらから!